夏は暑く冬は風が冷たい湿地帯

夏は暑く冬は風が冷たい湿地帯

空っ風が強いのが、この群馬県です。ヒヤッとする風が下の方からヒューっと吹いて来て、とても寒いです。
夏になると、かなり気温が上がります。東京よりも気温が3度から5度も高くなります。
ここ最近の夏には、凄く暑くなってしまい、熱中症の患者も増えて来ました。

 

雷も多く発生して、落ちる事も多いです。未だに湿地帯が多く残り、他の県では見れないような、絶滅危惧種の虫や鳥なども多く集まります。
保護区域が多く、むやみに一般の人が入れない自然の場所も多くあります。国をあげて保存している場所が多いです。

 

その湿地帯は、有名な電力会社が資金を出して、多くの自然を保護しています。福島県に行く事も出来て、会津沼田街道があります。
山が繋がっている部分もあるので、多くの月の輪熊も移動をして暮らしています。それだけ、水の綺麗な実のなる広葉樹が多くあるのも特徴です。

 

その群馬県では、旧石器時代の遺跡も多く出ています。伊勢崎市から多くの集落の跡が出て来て、多くの人が猪や鹿を狩って生活をしていたのです。
その当時からウドやゼンマイも食べられていました。

 

群馬県では、高崎市が一番、人口が多く住んでいます。次に前橋市で、次に太田市になっています。
どんどんと一戸建ても建っています。

ランキング画像