訛りが面白く上州牛が美味しい

訛りが面白く上州牛が美味しい

上州弁を使うのが、この群馬県です。
例えば、「行く」という言葉を「いぐ」と言います。「捨てる」を「ふてる」と言います。「燃やす」を「もす」とも言います。前の言葉を、少し東北訛りにも似た様な言葉で話すのが特徴です。
たまに、若い人でも、こういった言葉を言っている人がいます。

 

少し短く言って、省略している特長もあります。そうかと思えば、「火遊び」を「ひわるさ」と言ったり、「ぼた餅」を「はんごろし」、「うそ」を「ちょべ」と言ったりします。
少し言葉が荒っぽいという感じもします。品が良い感じには言わないのが、群馬県流なのです。
群馬県の人と出会う機会があれば、この群馬県訛りがチャームポイントに感じることが結構あったりします。

 

 

その群馬県では、上州牛が有名です。
色が赤く、霜降りの良いお肉です。今では、かなり有名になり、多くの贈答品としても買われています。トップレベルの安全基準で飼育されている美味しいお肉です。
今では、アメリカにも多くの上州牛の肉が輸出されていて、世界的にも人気があります。

 

その上州は、多くの食品などにその名前がブランドとして使われています。その中にうどんがあります。
艶のある白いうどんで、冷して食べるのが人気です。
多くの上州物産も多くあって、お菓子にも上州と付いている物があります。

 

高級的にイメージのあるブランドで、かなりの人が知っています。

ランキング画像