群馬県人の団結力

群馬県人の団結力

群馬県の人は自覚を持っているのかどうかは定かではありませんが、群馬県人の口コミはかなり信ぴょう性があるようです。

 

内陸にある群馬県は、県境の地域を除くと、他県の人の影響を受けにくい県民の方が多いので、横の繋がりなどがとても強く、信頼関係もあるので、人が発信した言葉の重み(口コミ)の威力はかなりあると思います。
人口も爆発的に多いわけではないので、飲食店などは、一見さんよりも常連さんで持っているお店も多いようです。

 

他県からの流入が少ないので、必然的に群馬県民を相手にした飲食店経営ともなると、客の口コミが強い群馬県にあって、一度「あそこの店はまずい」「あそこの店でこんな酷いことがあった」などの悪い噂は瞬く間に広がり(この噂はガセは少なく、非常に信ぴょう性があるものが多い)大概の店は経営が困難になって潰れるといったことは実際にハッキリと形に現れるほどです。

 

このことから、群馬県人は本当のことを確実に相手に伝えることをし、そしてそれを聞いた群馬県人は信じるという図式が生まれます。

 

これは群馬県人は本音で語り合い、お互いを信じあうというストレートな関係性を持っているところがあります。

 

これには、「腹は黒くない」さっぱりした性質と、相手を想う気持ちから本音で店の情報を伝えることのネットワークが知らず知らず出来ていて、群馬県人の団結力を物語っているようです。

 

実際に群馬県人と出会ったら、その団結力の強さに驚くはずです。

ランキング画像