ソウルフードの焼きまんじゅう

ソウルフードの焼きまんじゅう

群馬県民なら誰もが知っている、群馬県のソウルフードといえば「焼きまんじゅう」です。群馬県民で食べたことが無い人はいないのではないでしょうかというほどポピュラーな食べ物です。

 

群馬県の人に出会う機会があれば、「群馬県のソウルフードとは!?」と質問してみましょう。誰もが即答できるほど有名です。

 

近所に焼きまんじゅうを売っているお店があってそこで食べた人や、お祭りなどの屋台で買って食べた人、スーパーなどの店先に横づけしている移動販売者で買って食べた人など、そのシチュエーションは様々ですが、県内各地で販売をしているので、お気に入りの焼きまんじゅうのお店でしか食べないという群馬県民も多いようです。

 

焼きまんじゅうは、白いおまんじゅうを長い竹串に刺し、そこに甘い味噌をたっぷり塗ったら、炭火で両面を焼き目がつく程度に焼きます。
この時の焼け焦げた甘い味噌の香りが相当な距離を漂うので、この香りが漂ってきたら「どこかで縁日やお祭りをやっている!」という直観が働くほど、行事にも密接なソウルフードとなっています。

 

この焼きまんじゅうは群馬県以外の場所でも販売しているのかと思いましたが、他県での出店はないようなので、他県で食べたい方は群馬県へ行った時に食べて頂くしかありませんでした。
しかし、最近では露店での焼きまんじゅう屋台が減ってきているので、店舗や移動販売、またはインターネットでの販売に力を入れているお店も多いそうです。

 

もし一度でも食べてみたいけれど、遠くて食べに行けないという人はお取り寄せをしてみては如何でしょうか。

ランキング画像